文房具屋の印鑑

当たり前に印鑑と言ってしまえば、 何も差し障りもないのかもしれませんが、ちょっとだけ追求しても印鑑にはいろいろな種類があります。

印鑑は安くて構わないというのなら、100円ショップでも購入することができます。しかし、本当にそんな安易なモチベーションで大丈夫なのでしょうか。認め印としてなら100円ショップの印鑑だって問題はありません。しかし、100円ショップで購入するものは、すぐに消耗してしまうから、いざという時、使用ができませんということなってしまうかもしれません。

そして、100円ショップだけでなく文房具屋さんだって、印鑑を購入することができます。100円ショップよりももうちょっとだけ高価な印鑑という感じでしょうか。昔から文房具屋さんには、回転式の棚にズラリと名前
順に印鑑が並んでいました。今、ああいう光景をちょっと懐かしがっている人たちもいるようですね。街には昔のような文房具屋さんも減ってしまいました。

しかし、文房具屋さんに売っている印鑑は、苗字だけの印鑑です。そして、ちょっと珍しい名前の印鑑は、文房具さんでは購入することができないです。しかし、文房具屋さんで売っているものも、一律に機械で作られているものです。

100円ショップの印鑑

印鑑を購入するというとき、何か注意をしなければならないことってあるのでしょうか。一体どこでどのように購入すれば良いのでしょう。一言でいうものの、そこには実印・銀行印・認印と言った種類があり、それを正しく把握する必要があります。

それは簡単に100円ショップでも購入出来てしまうものです。みなさんだって既に100円ショップでこんなものまで売っているのかと気付いていることではないでしょうか。100円ショップで売られているようなものは「三文判」という言い方をします。その言葉もほとんどの人たちが知っているものの、何か古めかしい感じもあり、一体どのような意味かということを正しく把握している訳ではありません。

「三文」とは、江戸時代に使われていた貨幣のことであり、一文銭3枚程度でもちろん簡単に購入できますよという意味です。100円ショップでなんで、そのようなモノが安価に売られているのかと言えば、海外で大量生産しているからであり、そのようなものは、銀行で使用するのにはちょっとリスクを感じてしまうのではないでしょうか。

それは、実用できるモノではありますが、簡単に偽造されるかもしれない危険要素があります。そして更に専門的な言い方をすれば、印材に「白ラクト」と呼ばれる合成樹脂が使用されていて、耐久性が非常に弱いというデメリットを持っています。しかし、それでも「認め印」などとして購入する人たちは多くおり、100円ショップで販売される需要は多くあります。